So-net無料ブログ作成
検索選択

アンコールワット (カンボジア) [鳥、トリ、酉]

7日間の旅を終え、ブログにするのが、、、写真整理が大変なので

順を追わないで書き始める事とします。

カンボジア(シュムリアップ)は直行便がありませんので

ベトナム経由で行ったのですが、、、ベトナムも良い所で、それはまたの機会に。

アンコール王朝は、、8世紀から15世紀の間に繁栄した王朝で

王=神の考えで其の時繁栄した王は古い寺院を使うのは面子が立たないので

新しい寺院を建設、、それが遺跡群を造っているという。

その寺院は宗教儀式を行うための場所で大きさは権力も象徴していると思われる。

人民は高床式の木の家に住んでいたそう、、、都が変わると人もそこに移り住んだという。

 ******

アンコールワット遺跡群のうち最初に行ったのは

アンコールトム(ここは佛教とヒンズー教の混合)

特徴は塔に仏陀の顔があること(ヒンズー教の塔はトンガリコーンの形)

で見分けられる・・・↓は南大門 から城壁があり廻りは4辺で12キロもあるという

6,10annko-rutom.jpg

この遺跡が広大なのでこういう乗り物がある。

6,13象.jpg

が、私たちは移動が長い所は電気バスに分乗、、トムの中の移動で2回は乗る)

(ただし、、市内からは観光バスで現地まで来て乗り換えたのです)

6,13電気バス.jpg

中央にあるバイヨンで下車、、、修復中ではいれない所も多い(すべて世界遺産)

6,13アンコールトム.jpg

仏陀のお顔の上は、ハスの花、、、1つには4面の優しいお顔がある。

6,13トム内部.jpg

バイヨンの中は第1回廊があり階段を上ると第2回廊に続く

6,13回廊.jpg

回廊には壁画がたくさん残っている

6,13柱.jpg

6,13壁画.jpg

壁画も修復され、美しいのもあるが、、、回廊の屋根が崩れ落ちている所もある

南からはいってバイヨンを見パプーオン、ピミアナカス等を見、像のテラス

を通り勝利の門から出て次の遺跡タ・ケウ ↓に行く

6,13タ・ケウ.jpg

昼はシュムリアップに戻って昼食後、暑いのでホテルで1時間半、、休憩

鳥は遺跡見学中、、、オオタカタイプが飛んだ、、、しかし、、、ダメ写真。

6,13たか.jpg<続く>


nice!(9)  コメント(7) 

nice! 9

コメント 7

春分

いつのまにかそんなところに。
タカは惜しかったとして、いろいろいそうですね。
by 春分 (2010-06-15 05:58) 

achami

あら!!いつの間に!!!
by achami (2010-06-16 00:01) 

こぎん

おお~~~、世界遺産!
七日の海外旅行ですか? 羨ましいです!!

by こぎん (2010-06-16 09:00) 

袋田の住職

いつか行きたいと思っています。
by 袋田の住職 (2010-06-16 23:06) 

アヨアン・イゴカー

アンコールワット、素晴らしいですね。写真から感動が伝わってきます。
by アヨアン・イゴカー (2010-06-19 20:47) 

ハギマシコ

春分様
鳥はいる事はいますが、、、声は聞こえる時もコースアウト出来ませんので
また、足元はUPダウンが続くので、、、難しいです。

achami様
アンコールワットは予想以上に素晴らしい所でした。
お食事も辛くて食べれないのは全く無いし、美味しかったです。

こぎん様
この世界遺産、は、、とても素晴らしかったです。
是非お勧めいたします(*^^)v

袋田の住職さま
春、住職様もお近くまで行かれていましたね、、、、(^^♪
ヒンズー教と仏教が融合している世界遺産、素敵でした。


アヨアン・イゴカー 様
感性豊かな貴方がいらしたら、、、素敵な詩が書けるでしょう☆彡
by ハギマシコ (2010-06-20 01:04) 

ハギマシコ

いつもお越しいただいている皆様、ありがとうございます。
もっと予習していくべきでしたが、、、素晴らしい世界遺産でした。
by ハギマシコ (2010-06-20 01:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。